イル・オ・セルフ
クルーズ

モーリシャスの香り
大型カタマランで優雅にクルーズ

モーリシャスの海をカタマランヨットで楽しもう

モーリシャスで楽しめるクルーズは大きく分けて3つあります。いずれも大型のカタマランヨットに乗ってゆっくりとモーリシャスの海を1日クルーズしていきます。


  • 西部クルーズでイルカとの遭遇確立がとても高いクルーズ
  • 北部クルーズで透明度の良い海をクルーズし無人島へ上陸してお過しいただくクルーズ
  • 東部観光名所イルオセルフへのクルーズです → 今回参加したツアー

モーリシャスの海をカタマランヨットで楽しもう船内はヨーロッパからのお客様がほとんどでカップルやファミリーです。そこに我々とクルーメンバーで総勢40名くらいは乗船しています。ヨーロッパからの方達は日焼けが楽しみの様で、カタマラン前方にある寝そべられるネットの部分に我先にとビーチタオルを引いて日焼けしてます。我々日本人はあまり焼かないようにとクリームべったり&長袖で肌を隠すように日差しを遮っているので、彼らからすると変なアジア人。ときっと感じていると思います。

クルーズの中では飲み放題です。海へのツアーなのにアルコールもOKでちょっとビックリしましたが、OKとわかれば早速ビールを頂いてしまいます。とても暑いのとライトブルーのキラキラと輝く海を見ているとついつい気持ちも良くなって飲むペースが速くなってしまいます。海洋から見るモーリシャスのダイナミックで緑深い山々を見ていると気分はとても爽快になります!

暑さをシュノーケリングでクールダウン

シュノーケリングでモーリシャスの暑さをクールダウンしばらくするとシュノーケリングポイントへ到着します。結構浅く砂地のポイントです。他のクルーズも来ているのでここのポイントはきっと楽しめるんでしょう!イメージはボラボラ島のモツピクニックのような感じの浅瀬でしたので、エイのような魚がいるのでは・・・と期待したのですが、エイ君をはじめあまりお魚君たちとは出会えませんでした。ちょっと残念。ただ、それよりもとにかく暑いのでとにかく海でクールダウンに徹しプカプカ浮いて楽しんでました。シュノーケリングセットは人数分揃っています(無料です)。

ジャングルクルーズのようなポイント!シュノーケリングポイントを出発して少し行くと、これまでの綺麗な浅瀬の海から様相が一変し、両サイドは緑のブッシュが続き大河を遡る様なエリアへヨットが向かっています。どうやらここで小型のボートに乗り換えるようです。高い山々が連なるモーリシャスですので滝があるようでここからはジャングルクルーズの様です。面白い!

小型ボートに乗り換えて直ぐに真っ白に流れ落ちる滝が見えてきます。15m位の高さの滝です。滝つぼまでは残念ながら危ないので行けないようですので、ボートの先端に立って「はいチーズ」です。何か説明があるわけでも無いので滝の名前も分りませんが、ちょっと異なるモーリシャスの自然を垣間見せてくれます。

扇を広げた様に砂州が美しく広がる海

イルオセルフへいよいよ進路をとりますさッ。いよいよイルオセルフへとヨットが向かいます。入り組んだ島々の間をヨットが進んでいきます。それらの島の中には島丸ごとがゴルフコースであったり、ル・トゥエスロック所有のプライベートアイランド:イルモンジェニ島であったりとリゾートアイランドならではの雰囲気も感じられます。遠くにやっとイルオセルフが見えてきます。

イルオセルフは島と島の間にホワイトサンドが流れ込んできて、そのホワイトサンドが扇を広げたように放射線状に美しくグラデーションになる名所でモーリシャス美の1つです。モーリシャスのイメージ写真には必ず用いられる程のとっても美しいエリアですヨ。ただ、美しいだけにモーリシャス全島からクルーズでやってくるくらいですので島はツーリストで一杯です。そして、ここでは何もない無人島の自然美をゆっくりと楽しむという過ごし方ではない様です。お決まりのお土産やさんからバーなどもあります。どちらかというとここではマリンスポーツで楽しむのが良い島の様です。

パラセイリング初体験!

パラセイリングを初体験!是非美しいイルオセルフを上空から見てみたい!と思っていましたので、パラセイリングに挑戦してみます。島から沖合い5分程度のところに浮かぶポンツーンへボートで向かいます。そこでは既に何組ものチャレンジャーが待っています。目の前直ぐに楽しみが待っていると順番待ちも苦にならないのでしょう。皆とっても楽しそうです。

たった今上空から着陸した人が興奮している側から、もう次ぎのテイクオフの人がキャーという歓声を上げて青空へ飛び立っていきます。テイクオフする人は最初ボートで一気に飛び立つのですが、一度海面すれすれまでスッーと下降して、あらためてボートが加速しグ~ンと上昇していきます!お客様を楽しませる粋を心得ているんでしょうね!これは面白そうです。快晴の中で上空から見下ろす海はとっても綺麗だろうな~とますます期待が大きくなってきます。

目と閉じれば今でもライトブルーの海が蘇りますいよいよ自分の番がやってきます。何の説明も無いのでちょっと不安は残りますが、それよりも楽しみの方が優先していてとにかく早く飛んでくれ~!と。ボートが加速し一気に上空へ。最初自分のデジカメで上空から撮影をしたかったのですが、安全面から出来ないことがわかりちょっと残念でしたが、今でも目を閉じれば上空から見るライトブルーの海が直ぐに蘇っています!素晴らしく綺麗です。

上空からの自然が創る美を堪能ですイルオセルフの放射線状のコントラストも見えるのでは・・・と期待したのですが、飛んでいる場所が少し離れていた為、こちらも残念ながら見る事は出来ませんでした。時間にすると僅か5分程度なのですが、もの凄く長い上空の散歩を楽しませてもらった感じです。

風も心地よく音も何もしない何か特別な世界に舞い込んでいるようでした。リゾートに訪れると都会の喧騒の世界を離れたくていつも自然に包まれるような所、例えば 車や携帯の音の無い無人島に訪れたりマングローブの天蓋トンネルに覆われるところをカヤックで訪れたりと、「自然の音」に癒されに時間を過ごすのですが、今回は音ではなく 日常では体験できない上空から “自然が創る美” を見る事で得られる癒しを始めて体験させて頂きました。思いっきり心が満たされた気持ちです。

是非モーリシャスのクルーズでこのイルオセルフばかりではなく、海や山の自然美を満喫いただきたく思います。

モーリシャスを楽しむプランへ


アイランズフレイバー専門のビーチリゾート
フィリピン