スリランカ世界遺産
シギリアロック

モルディブの香り
歴史のストーリーが面白い!

世界の8不思議!?世界遺産の「シギリアロック」シギリアロック 世界の7不思議 ではなく、スリランカのシギリアロックを加えて 「世界の8不思議」としても良いくらいに魅力がいっぱいの【シギリアロック】。いろんな視点で魅力をご紹介させて下さい。

シギリアロックの宮殿が出来た背景に人間の強欲を感じますシギリアロックの宮殿が出来た歴史背景が、日本の戦国時代の時代背景と良く似ていて面白いな~って感じます。 カッサバ王が自分の王位継承と財産の為だけに、父親を殺してまでも掴みたかった権力の座は、人間の醜い権力への執着心をよく現していますね!

それは日本の戦国時代にも親兄弟でも平気で裏切って自分の権力を手にした 美濃の父:斉藤道三 と その息子:斎藤義龍 のケースとまさにそっくりで 時代やお国は違っても人間の強欲と言うものは底なしに恐ろしく感じます。

敵からの侵入の防御跡も至る所にありますね敵からの防御という意味でもシギリアロックは日本のお城と同じように感じます。例えばシギリアロックは水の宮殿のようでありながら、それがお堀となって敵の侵入を容易にさせませんね。そのお堀にはワニなども居たそうですよ。シギリアロックの入り口付近には大きな2つの岩が重なり合って、とても狭くなっています。多くの軍勢が一気に入ってこれいないように考えられたものに思います(これは僕の勝手な想像)。

山を登る途中には、とても大きな岩をいつでも下にいる敵に落とせる攻撃の為の仕掛けもあります。本当に大きな岩なのでどうやって落とすんだろう・・・と興味を持ってしまいます。更に日本のお城で言えば本丸にあたる入り口付近には、今は残念ながらありませんが大きなライオンの口があって、その口の中を入っていかないと先に進めないので、敵の心理的な恐怖という面も考えて造られたんだろうな~って思います。

心はいつも敵からの侵略におびえた日々だったのでは当時絶対陥落しないと言われていた安全な宮殿を造ったのに、あへて宮殿を出て戦いを挑んだカッサバ王にはいろんな思いがあったんでは・・・と思っています。 それは父親殺しという重罪を犯しておきながら、権力や財も全て手に入れ栄華三昧に見えるのですが、心の中では何も満たされていない孤独な日々にもう耐えられなかったので、自ら宮殿を出て死という選択を選んだんでは・・・って思ってしまいます。

また、父親殺しという強欲から得た権力の座なので、いつも誰からその座を脅かされる=自分は狙われているという恐怖心ばかりで、ずっと宮殿に引きこもっていたと思います。そしてこの孤独を少しでも満たすように、たくさんの女性を側室として宮殿の内外に召抱えていたと思うのですが、それでも心から許せる女性とはきっと出会えなかったんだと思います。こんなはずではなかったのに!という人生をずっと送って居たんだろうな~って思ってしまいます。

芸術的な美しさ「シギリアレディ」

シギリアレディのフレスコ画があってこそのシギリアロックシギリアの宮殿が建てられた強欲の背景とは別の視点で、シギリアレディからみるシギリアロックは芸術に優れた素晴らしさがあります!岩壁に描かれたフレスコ画はとっても妖艶で美しい女性が、当時500体も有ったそうなので、芸術的なセンスや技術の素晴らしさが伺えます。

でもカッサバ王が負けて弟のマガラはこのシギリアロックをかつてのお坊さんの修行の場に寄進したまで良かったのですが、裸の女性が描かれているところでは修行が出来ないという理由で、シギリアレディはお坊さんたちに消されてしまった・・・という事を知って、何てことをしてくれたんだ。とちょっとスリランカのお坊さんにクレームをしたいです。修行が足りない!!

貴重なスリランカの遺産「シギリアレディ」現在は18体のみ壁画として観ることが出来るので、本当に貴重なスリランカの財産(世界遺産)に思います。シギリアロックは宮殿跡というだけでは、恐らくどこにでもある遺跡と同じで世界から魅了されるスリランカ人気NO1スポットにはならなかったと思います。壁画のシギリアレディ有ってのシギリアロックに思いますね!

シギリアレディをじっくりと観察してみよう女性が身につけている装飾品(首飾りやイヤリング、ブレスレッド)などは、ずっと観ていても飽きない美しさを放っているし、目元や口元などとても優しい表情をした澄んだ女性の顔からは、知的な女性であったんだな~なんて感じてしまいます。従者の女性も描かれていてインドや中国などからの女性も居るようですよ。色彩もとても優しいのでとても癒される空間です。

フレスコ画は直ぐに乾いてしまって描くのに失敗の許されない事から、一気に描いたものとガイドさんからお聞きします。18体の中で1体は胸の辺りに失敗した手首が写っているものが有りますね。シギリアレディは高貴さの中にも、完璧ではく身近なシギリアレディって感じられるのも面白いです。

シギリアレディを見るだけでも登る価値ありこんなに美しい絵が何世紀もの前に描かれた!という事実を知ると俄かには信じ難いのですが、本当なんですよね。素晴らしい!奥深さもスリラカの芸術に感じます。この美しいシギリアレディを見るだけでも登る価値ありですよ。またシギリアレディが反射されて壁に写って見えるくらい磨き上げた壁:ミラーウォールもあって、そこはとても美しい回廊になっていたんだな~って当時を偲んでしまいます。(今ではただの壁で反射で見ることは出来ません)

シギリア宮殿はどの様に建てられた?

沢山の不思議があって魅力が増しています世界の7不思議ではなく、8つ目に加えても良いくらいの不思議がいっぱいのシギリア宮殿。どのようにして地上200メートルもある高さの岩の天辺に宮殿が建てられたんだろう・・・。どうやって断崖の岩に物資を運んだんだろう・・・。象の力の借りるというようなことも頭をよぎるけど、断崖絶壁を象は絶対登れるわけないし・・・。勝手な想像だけどきっとシギリアの岩の内部には、まだ発見されていない抜け穴が造られていて、そこから物資を運んだんでは・・・なんて思いも膨らんでしまいます。

頂上には今でも水が溜まっているプールもあって何故水が溜まるんだろう?って不思議が尽きないですね~。そのたくさんの不思議がシギリアロックの魅力にもなっているように思います。

水の宮殿のようなシギリアロックシギリアロックを登っている途中から下界を見下ろすと一直線に走る道とお堀の区分けも良く見れます。それ以外は広大な緑の絨毯が一面に広がり、スリランカの大自然をダイナミックに感じることが出来ます!

日本では緑が少ないコンクリートに囲まれている都会にいるので、ウぁーすっごい!って感動なのですが、その道の左右対称には美しく均等に造られたお堀跡(側室たちのプールだったそうです)があって、そのお堀付近には今でも噴水となって水が噴出すところもあります。このような跡からきっとシギリアの宮殿は「水の庭園」というコンセプトもあったのでは・・・と思ってしまう程、「水」が絡んできます。

何世紀も前の灌漑設備が今でも生きていているのを目の当たりにすると、とても高い知識と技術を持ったスリランカの人達がいたんだろうなーって、感嘆してしまいます!普通は廃れしまうように思いますが、いったいどんな灌漑設備になっているんだろうーって不思議が沸いて来ます。

カッサバ王も別の視点から見ると良い人物?シギリアロックにあるたくさんのミステリアスな不思議。それには明確な答えが無い故に更にミステリアスさが増していき、想像が想像を掻き立てて、シギリアロックが魅力ある世界に膨らんでいるんじゃないかな!その答えは今後も明らかにされずに今のままで良いかもしれませんね。

変な話ですが、カッサバ王は父親殺しという大罪を犯した人物ですが、こんなに素晴らしい宮殿を造った人物でもあるので、別の角度から彼を見ると素晴らしい発想と行動力を持ち合わせた人物!とも評価できてしまいますね・・・。

圧倒的な存在感のパワースポット

存在感抜群のシギリアロック スリランカのランドマークタワー「ヘリタスカンダラマホテル」へ視察で訪れた時、遠くにシギリアロックを望むことが出来ます。とても遠くなんですよ!だけどシギリアロックとどこか繋がっている感があって、心が落ち着きました。別のホテル 「ホテルシギリア」では、ホテルの敷地から真正面にド~ンと岩肌が分かるくらいの距離にシギリアロックを望むことが出来ます(朝陽と共に是非シギリアロックの雄姿を見ていただきたいです。素敵ですよ)。

シギリアロックは見ているだけで圧倒的な存在感のある岩なので、気持ちがとても澄んだ清らかになっているのに気が付きます。心が豊かになっていくようで、ずっ~と観ていても全く飽きないです!素晴らしい。

シギリアロックに登るのに庭園内に入ると、今度は何もさえぎるものが無い真正面にシギリアロック全体を望むことが出来ます。生憎の雨混じりの日で霞んだ霧も岩には懸かっていたのですが、それでも凄い雄姿なのでウァーとため息ばかり。大きなエネルギーを真正面から受けている感じで、近寄り難い感じすら受けます。凄いの一言。

シギリアロックを最も美しく眺められる素敵ポイントシギリアロックを登った翌日には、全く異なる角度からシギリアを望むポイントにも立ちることが出来るのですが、今度は深い緑に覆われた大地の中に、ド~ンとシギリアの岩が突き出ていて、とっても美しいシギリアロックとなっています。快晴だったこともあると思いますが、今回のスリランカで出会えた景色の中のベスト中のベストになります。写真に納めたのはもちろんですが、心にも焼き付けます!

帰国してからも目を閉じればこのシギリアロックの景色が鮮やかに蘇ってきて、ちょっと仕事で大変なことがあっても、目を閉じてシギリアロックを思い浮かべれば心を落ち着かせることが出来ます。これがパワースポットというものなのかな!って実感してます。

シギリアロックへまた訪れます!今回復路にシンガポールに立ち寄って、マーライオンやその他人工的に造られたアトラクションも見る機会があったのですが、それらは1度見ればもう良い。という感じで何も心に残っていないのですが、シギリアロックはまた訪れたい。それも必ず!という思いです。本当に素晴らしい。有難うシギリアロック。

モルディブ&スリランカのモデルプランへ


アイランズフレイバー専門のビーチリゾート
フィリピン