ヤップ島
ダイビングツアー

ヤップ島の香り
観光名所が随所に散らばるヤップ島

生き生きした勢いのあるマングローブ林のヤップ島港を出発して直ぐにマングローブの林の中を進んで行きます。かなりの量のマングローブ林です。普通は海が岩や砂を侵食するという話しがほとんどなのですが、ここヤップでは逆にマングローブが海を侵食しているかの様で勢いよく迫ってくる感じです。とても活き活きしてます。そんなマングローブの海をボートは通り抜けていきます。

途中いよいよ両サイドからのマングローブの発達で海の通り道も狭くなる(幅10mくらい)エリアがあるのですが、そこにはなんと石貨が1つ置かれていてとても絵になります。マングローブが豊富な海は栄養分も多く海に流れ込むので、きっとヤップ島の海は珊瑚も含め多くの魚たちも豊な暮らしをしているんだろうな~なんて思ってしまいます。

ヤップ島の海の玄関口”ファルー”の建物も望めます更に行くと村々の海からの玄関口 ファルーの建物も見えてきます。ヤップ島は車社会ではなく海の社会であったのを物語る象徴のようです。よく見ると比較的近い距離感でファルーがいくつもある事がわかります。昔のヤップ島では男の子は10代になると夜は親元で寝ず、こういうファルーに集まって寝ていたそうです。そこでは年長の男達から航海の話や漁の話などを聞きながら、一人前の男としての技術や知識を学んでいけたのでしょう。ですからファルーは男の子の学校でもあり、村のマリーナでもあり、村の男の作業場でもあったようです。

ファルーの建つ土台は珊瑚を積み重ねたものこのファルーの土台は珊瑚を上手く積み上げているので熱がこもらない為、中に入るととても風通しがよく涼しいです。床の真ん中に一本の真っ直ぐな木がファルーの建物の中を走っています。これは 「枕」 だそうで、村の伝統を伝えてくれる大人達はいませんでしたが。陸のツアー参加中にそれを枕に寝てしまいました。ダイビングポイントへ行くまでにもたくさんの興味をヤップ島では持たせてくれます。

目の前をマンタ様がお通りに!

ヤップ島のマンタポイント ”ミルチャンネル” でダイビングミルチャネルというヤップ島のダイビングではとても有名なマンタのポイントへ到着です。今日は潮回りが悪く、透明度が良くないとの事で、その話をお聞きするととても残念に思ってしまいます。でも気を取り直してマンタに遭えるかナ~と期待してヤップ初ダイブの海へ潜行していきます。

ン~やはり透明度はもの凄く悪いな~と・・・ちょっと凹んでいるとと、マンタ君が直ぐに現れました。有難うマンタ君!あまりの早いご対面にちょっとビックリしましたが、インストラクターの方にマンタが来たら追わずに近くの岩にじっとして見ていて下さい。追いかけると逃げてしまいますので・・・との事をお聞きしていたので、その通りに心掛けます。

ヤップ島のマンタは目の前直ぐにやってきます!うぉ~と感動ですこれまでモルディブなどでマンタを見た事はあっても、いずれもスーと通り過ぎていってしまうのですが、ここヤップのマンタはゆったりとホント目の前を漂ってくれます。ビックリするくらいに近いです。こちらがマンタを見ているのではなく、見られているんでは・・・なんて思ってしまう程です。その様な状態が何枚ものマンタとの遭遇から感じてしまいますし、変に面白い気持ちにもなってしまいます。

視界があまり良くない事から、マンタがいきなり現れる感じのダイビングなので、マンタが見えると通り易いように急いで横道にこちらがどいている様で、マンタ様どうぞお通り下さい。サッサッこちらです・・・。と、まるで時代劇のお代官様がお通~り!で道端に土下座している感じです。そんな自分とマンタ様の面白い関係になっている事に気づいてとても楽しくなってしまいます。

個体毎にある「マンタスケッチ」

マンタレイベイホテルにはマンタスケッチもありますよヤップのマンタには名前が付いているようです。お腹のアザというか模様で識別をしているようなのです。マンタレイベイホテルには、各マンタ毎にスケッチがされていて大きさと性別そして名前が壁一面に張り出されています。結構な数ですヨ。さすがはマンタの島と実感です。ここまでマンタのことを想って頂けるのであれば、マンタ君たちも居心地が良いではないでしょうかネ

ミルチャンネルでシュノーケリングを楽しもう!2本目までの休憩時間を利用してミルチャンネルでシュノーケリングを楽しみます。緩やかに下っていく斜面には珊瑚がびっしりと群生していて素晴らしく美しいです。吸い込まれていってしまう感覚です。また、そこに漂う無数のトロピカルフィッシュ達にもとても癒されます。透明度が良ければシュノーケリングでマンタも見れるようでホントに透明度には恨めしく思います。シュノーケリングツアーでこのポイントにも条件が揃えば連れてきていただけるチャンスも有るようですので、シュノーケリングツアーでも十分ですネ!

ヤップ島ダイビングのプランへ


アイランズフレイバー専門のビーチリゾート
フィリピン