ヤップ島
お食事&お土産

ヤップ島の香り
マンタレイベイホテルにある地ビール

お食事の内容はどこも似たり寄ったり(ちょっと残念)ヤップ島にはレストランは6つしかありません。その中でホテルのレスストランが5つなので、ローカルは1つ。というちょっと寂しい現状です。ここのレストランのこれがお奨め!というものもあまりなく、正直どこも同じ様なメニューです。価格も安くも無く高くも無く・・・という感じで平均的な感じです。

バーではマンタレイベイホテルで地ビールを是非どうぞ!バーは オキーフホテル内にこじんまりとした落着きのあるバーがありますので、ゆったりとヤップ島での出来事を話すには良いと思います。隣のマンタレイベイホテルではオープンエアーのレストラン(ヨットのデッキになります)で、地ビールとピザをどうぞ。こちらでは少し賑やかな雰囲気を楽しめると思います。どちらもサンセット時にはよいロケーションですので、カメラをお忘れなく・・・。

木彫りの民芸品「伝統カヌー」

木彫りの民芸品「ヤップ伝統のカヌー」が素敵に映りますお土産に関しましては、各ホテルに民芸品などのショップがありますが、目を引いたのは街中にある Yap Art Studio & Galley です。お店が工房にもなっているので、ヤップのローカルの方がマンタなどの魚・石貨・カヌー・ヤップダンスなどヤップ島ならではものを題材にした、綺麗な絵を制作&販売しています。絵葉書レベルのものから額に入れて観賞する大きなものまであります。

木彫り民芸品もあります。私はオーシャニアホテルで販売していたヤップ伝統カヌーの民芸品を購入し、オフィスに置いて時間があればそれを眺め伝統カヌーツアーで楽しんだことを思い出してます(上記の写真参照下さい)。DFSなどのお土産店をご希望されると逆に無いので帰国時にグアムに立ち寄るなどされると良いかもしれません。

ヤップ島を楽しむプランへ


アイランズフレイバー専門のビーチリゾート
フィリピン