ウベア島
視察レポート①

ニューカレドニアの香り
ウベア島の果てしないホワイトビーチ

圧巻のホワイトビーチホテルの目の前は真っ白な延々と続くホワイトサンドビーチとミルキーブルーの大海が広がります。ビーチリゾートというとアクティビティをしたいという方もいらっしゃると思いますが、ここはその様な気も起きない程です。色々なビーチリゾートに足を運んでおりますが、ここは別格です。綺麗・美しい・永遠の連続など等、適切な言葉が1つでは当てはまらないです。

潮騒が最高のBGMお部屋はコテージタイプとバンガロータイプがあってお部屋の造りが広いのとバスルームから窓が海に面して取り付けてあるので、お風呂に入りながら海を眺める事も出来るコテージタイプを是非お薦め致します。もちろんバンガロータイプでもデラックスホテルなので十分ご満足の行く滞在となります。

何よりも気に入ったのはバルコニーです。ボーっと波の音を聞いて過ごすには最高です。日頃の忙しさが何だったんだろう?と思うほどウベアの海に溶け込めます。

照明を消せば本当に真っ暗な世界

見上げる空一面に星屑海に入ってみると砂地の為、多くのトロピカルフィッシュは期待できませんでしたが、海に入っているという感覚ではなく、何かお清めしている様な感じがする清潔感のある海です。こんな感覚は初めてです!ただ、直ぐに深くなるのであまり遠くまでは泳がないほうが良いでしょう。

次にお薦めは、何といっても満天の星空です。ホテルの周りは他に住人も住んでいない様なので、お部屋の照明を消せば本当に真っ暗になります。これぞ満天に星が散らばっています。南十字星も方角によっては見れるようですが、どこをどう見てもいっぱいありすぎて分りません。何という贅沢さでしょう!

幻想的な月明りも素敵です一方、月明かりも綺麗です。闇夜の様に真っ暗になるのですが、慣れてくると月夜が照明の役割を果たしてくれます。波がザブンと砕ける時に月明かりがその砕ける波に反射してキラッと一瞬輝きます。それがたゆまなく規則正しく続くのでとてもリラックス出来ますね。

足跡1つない早朝のビーチ早朝もお薦めです。朝誰もいないビーチを1人占め出来ますヨ。そして何よりも綺麗な貝殻がとても多く打ち上げられています。巻貝やピンクの色が混ざった貝殻や帆立貝やら大小たくさんです。記念にとても良いと思います。(ただ出国時に見つかると没収されてしまうそうです。自分は何とか隠して持ってきちゃいましたけど・・・。)

ビーチには誰の足跡も無くて有るのはカニの足跡くらいです。打ち寄せる波際はキラキラ輝いてます。日差しもまだ強くないので、そんなビーチをブラブラするのも朝から気分が良いです。その後でホテルの朝食。なんていうのもお腹が空いてちょうど良いと思います。

フレンチディナーが美味しいです

最高のフレンチディナーさて、食事の話ですが、やはりここのホテルのフレンチディナーは美味しいです。その中でもやはりシーフードは美味しいです!マグロのなんとか・・・というメインをオーダーしたんですが、盛り付けも可愛らしく味もグッとです。日本であればお代わりをしたいところですが、テーブルマナーがフランス料理だと悪いと思って控えました。

あと、食前酒から始まって・前菜・メインとかなりのボリュームとなるので最後のデザートになるともうほとんどお腹は満腹状態なのですが、デザートはホント美味しいので何故かぺロッといけてしまいます。この様な食生活をすればきっと太るだろうな~と思いながらも、美味しさに負けて完食です。デザート名は何か難しい名前だったので覚えてはいませんが、フレッシュフルーツをふんだんに使ったものです。

フルーツ食べ放題そうそうここパラディ・ド・ウベアの敷地内にあるフルーツはどれも自由に採って食べてよいそうなんです。日本人からすると何か泥棒しているようなので他のお客さんも採ってはいませんでしたが、確かにパパイヤは多く目にします。ここのフルーツで美味しかったのはレモン(あまり酸っぱくないです。)・グレープフルーツの様な果物(皮はグリーンでした。)・パパイヤ・それとバナナです。パパイヤとバナナはとっても美味しいので是非トライして見てください。

ウベア島を楽しむモデルプランへ

アイランズフレイバー専門のビーチリゾート
フィリピン