ウベア島
視察レポート③

ニューカレドニアの香り
飲み込まれしまいそう「青の洞窟」

ウベア島観光を楽しもう!日本出発前には絶対「青の洞穴」と「ムリの教会」には訪れてみたい。と思っていましたが、市内観光は午前約3時間程度の行程で他景勝地も含んでまわれるのでこの観光はお薦めです。申込みは簡単です。ゲストリレーションの方が親切に対応して頂けるのでこのオプショナルも含め、色々と相談すると良いでしょう。料金は 3,500cfp/お1人様です。

ツアーの参加がお奨めですホテルを出発して青の洞穴へ向かいます。ここへは車で飛ばして約30分くらいの距離にあります。当初レンタサイクルで訪れれば良いかな?と思っていたのですが到底レンタサイクルではいける距離ではないです。(レンタサイクルは4時間で1,500cfpで貸し出してくれます。)情報まで。

かなり大きく深い青の洞穴途中延々とエメラルドグリーンの海は続きます。海外線の少しわき道にそれたところで車を下車してちょっと歩くと、ポッカリと穴が空いたところが出てきます。ここか~と思い覗き込むと、穴の大きさは大体100メートルくらいあるでしょうか。水面までは約20メートルくらいで、洞穴の水の色はとても黒く感じます。

青の洞穴なのできっと綺麗な青でカメかなんかが悠々と泳いでいる洞穴を想像していたのですが、大きな間違いでした。洞穴の雰囲気は何か底なしの様な感じで飲み込まれてしまいそうな気分です。また恐怖心も少し湧いてきます。その洞穴へガイドがパンを投げ込むと洞穴の底から結構大きな魚がピラニアの様に群がってきます。

ここでは飛び込んで良いとインフォメーションに書いてあったので、絶対飛び込むゾと思って水着を着て、且つシュノーケリングセットも持参して出発したのですが、訪れてみるとちょっとこれは飛び込んだは良いけれど、上がって来れないゾと感じて断念です。ロープ1本がブランと繋がっているだけなので。

自然が創る超が付く絶景「レキンの崖」

ダイナミックなレキンの崖遊泳禁止の保護区にあるレキンの崖へ向かいます。ここは自然が創り出した雄大な景観が魅力。断崖絶壁の崖のちょうど下まで車で入れます。男性的な景観なのですが、とても静かです。聞こえてくるのはそよ風と水の流れだけです。ガイドさんはPeaceful と言ってました。

崖の下は海の様な川の様などちらとも言える水の流れがあるのですが、ここはイルデパン島のピッシングナチュレル「自然プール」へ続く道ととても似ていて水が7色に見えます。透明から薄い水色・そして空の澄んだ青の様な薄いブルー・更にだんだんと濃くなるブルーと。とても神秘的でもあります。ここも青の洞穴と一緒でちょっとあまりにも超自然的というか、人間のちっぽけさを感じるというか、この自然に飲み込まれてしまいそうな感じがします。

小さく箱庭のような可愛い「ムリの教会」

ムリの橋からの海の眺めは素敵次はよくパンフレットで目にする「ムリの橋」です。あいにく天候が雨だったのですが、それでもムリの橋から眺める海の色はとってもとっても綺麗です。真っ白なビーチからだんだんと変わる青のグラデーション色は、これぞ自然が創り出したナチュラル色です。天気が晴れていれば最高な景色が見れるのにな~ととても残念です。

ここはパラディ・ド・ウベアから徒歩5分も掛からない所にあるので、観光以外でも散歩がてら訪れてみるのも良いと思います。ホテルまでの帰りはビーチへ下りて裸足でホワイトサンドを踏みしめながら戻ってきては如何でしょう?とっても気持ちがいいですヨ!橋の上からは大きな魚も見れますね。あとちょっと粘ってみれば海ガメを見れるチャンスも。WELCOMEの挨拶に来たのでしょうか?! 2匹ペアでポカっと浮いてきました。直ぐに沈んで行ってしまいましたが、とてもラッキーです。

あと、1つ情報として。とても綺麗なのでこのムリの橋近くでシュノーケリングをしたのですが、見た目の綺麗さと違って橋周辺はとても潮の流れが速いのでここは泳がない方が良いです。シュノーケリングして直ぐにこれは危ない。と感じましたので・・・。橋の上からの眺めを楽しんで下さい!

FAYAWA島へムリの橋の向かいにローカルが住んでいる島があります。そこには可愛らしい教会があるので、その教会をバックに綺麗な海のコントラストと一緒に写真を撮るととても良い絵になると思います。この島は FAYAWAといって毎日ホテルから1,000/cfpお1人様で観光ツアーが出てますよ。午後15:00~約1時間30分程度で島を散歩の様な感じでハイキングします。こちらは自然満喫で面白かったです。ローカルの子供達もボンジュールと言って挨拶してくれます!

色彩が優しい「ムリの教会」「ムリの橋」のあとは「ムリの教会」です。細い道の両側に南洋杉が教会へ続く道として植えられていて、その終点に小さくて可愛らしい教会が建ってます。教会の建物の色使いがとても落ち着きますよ。

建物の基本は薄い黄色で塗られ、入り口のゲートの所が薄い海の青があって、教会のシンボルである鐘の塔は薄いピンクとなっています。ヨーロッパ中世の建物の様に梁があるので教会をとても趣のある雰囲気にしています。箱庭の世界に迷い込んでしまったかの様!このシーンを見るだけでもこの観光に参加する価値はあると思います。是非訪れて頂きたいです。

ウベア島を楽しむモデルプランへ

アイランズフレイバー専門のビーチリゾート
フィリピン