エスカペードアイランド
視察レポート②

ニューカレドニアの香り
充実のマリンアクティビティの島

風を切るマリンジェット島内にアクティビティ専門のオフィス(アクアズール)があってそこにはフランス人(日本語話せます。)と日本人女性がいてとても明るく親切です!マリンジェットがとても人気との事で早速トライしてみました。

日本でバイクも乗った事が無いのでちょっと不安でしたが、簡単な乗り方の説明の後、直ぐにスタートです。後をついて来るように言われたのですが飛ばす飛ばすで一気に前方かなり遠~くに。メットル島での主要ポイントをぐるぐる目まぐるしく突き進んできます。面白いツ!

透明度抜群の海も楽しもう途中珊瑚の綺麗なところで立ち止まり透明度抜群の海も十分楽しめますよ!直ぐに運転にも慣れてこちらも一気にアクセル全開です。かなりのスピードで気分爽快。自然と顔も笑顔になっていたと思います。とてもラッキーなことに珊瑚ポイントの1つでエイを見る事ができました(嬉)。

大きさは約1mくらいで色はブラックです。マリンジェットの音できっとビックリさせてしまったでしょう。ゴメンナサイ。エイちゃん。でも顔は小憎らしい顔をしてました。本来でしたら島1周するコースもあるとの事だったのですが、今回は潮の干潮時だったので半周です。よく見かけるとの事ですが、カメやマンタの子供も見れるとか・・・。残念ですが、マリンジェットはここまで。

シーカヤックでニューカレの海を満喫

シーカヤックも楽しもう次はシーカヤックにチャレンジです。沖合い少しのところにポンツーンンがあります。そこは体験ダイビングを行うポイントとの事なのできっと魚影も濃いんだろうナ!と期待してカヤッキングします。1名乗り・2名乗りとあって安全の為ライフジャケットを必ず着用です。

シーカヤックもはじめてのトライだったのですが、直ぐに慣れてグングンとポンツーンまで進んでいきます。マリンジェットと違ってゆっくり珊瑚礁の綺麗なポイントなども立ち止まって見れます。名前は分からないのですが、ブルーの色鮮やか小さな魚達は波にユラユラ。とっても綺麗です。

ぐっちゃりのトロピカルフィッシュポンツーン到着後はカヤックを繋いで、いざシュノーケリング(シュノーケリングセットはもちろんレンタルできます)。深さは約5mくらいでしょうか。あまり透明度は良くなかったですが、直ぐにスズメダイやチョウチョウウオなどの群がやって来ます。

出発前に渡されたフランスパンを獲付けであげていたのですが、目の前が魚であっという間に群れてきます!マスク越しに何十種類もの大小のトロピカルフィッシュが大群で襲ってきて、手はかじられるし、パンはあっという間になくなってしまうはでちょっと怖かったです。

この様な光景を期待して行ったのに、ものの数秒であっち行け。邪魔だと振り払ってしまう程ぐちゃりのトロピカルフィッシュ。パンがなくなると彼らはもうお前には用は無い!とでも言うかのようにサッ~と背を向けていきます。なんて現金な奴等だ!とちょっとニューカレドニアの魚達にムッとして次のポイントへシュノーケリング。

群れたヨスジフエダイの動く壁(凄い)

大群のヨスジフエダイの壁少しシュノーケリングしていくと珊瑚の根があります。遠くで何か動いているな~と思って近づいていくと、ビックリしたのと感動とで、ウォ~とうなってしまいました!ヨスジフエダイの群れです。群れというより動く壁です。黄色の魚体で4本のラインが特徴の鮮やかな魚で、ダイビングをしても結構目にしますので、普段はそれ程気にしないでアッいるな程度だったのですが、今回は凄い!

わずか本島から30分程度のところにこんなに魚が居るんだ!とズッ~とその魚影を追っかけてました。珊瑚の根に根付いているのかその根をヨスジフエダイの壁が行ったりきたりと圧巻でした。海外でよく体験ダイビングはありますが、ここはそのレベルを超えたポイントです。是非お薦めします!途中カスミアジも4~5匹でその根周辺を訪れます。良かった~!

生き物が元気ですエスカペードアイランドリゾートの周辺は、カメの餌となる藻が群生しています。チャンスがあれば写真のように亀ともシュノーケリングで出会えると思いますよ!浅瀬なので手に取るようにカメ君とお散歩が楽しめますね。

水上バンガローを楽しむモデルプランへ

アイランズフレイバー専門のビーチリゾート
フィリピン