ホワイトビーチを満喫
ボラカイ島ツアー

ボラカイ島 ホワイトビーチを楽しむツアー

ホワイトビーチが目の前の「ヘナンプライムビーチリゾート」

ボラカイ島を楽しむご夫婦の旅 7日間  2019年7月22日発 ご出発されたツアーのご紹介

    移動 時間 工程 食事
1 7/22
(月)
 
23:15頃までに羽田空港へご集合
 
2 7/23
(火)
PR423

PR2039

混載車
&ボート
01:15
04:50
08:10
09:10
ボラカイ
羽田発
マニラ着 現地係員の案内で国内線ターミナルへ
マニラ発
カティクラン着 現地係員の案内でカティクラン港へご送迎(約20分)
ボートでボラカイ島へ(約30分)
ボラカイをお楽しみくださいませ!

(ヘナンプライムビーチリゾート グランドシービュールーム 泊)


3 7/24
(水)
  ボラカイ 終日フリー

(ヘナンプライムビーチリゾート  グランドシービュールーム  泊)

朝食

4 7/25
(木)
  ボラカイ
終日フリー

(ヘナンプライムビーチリゾート  グランドシービュールーム  泊)

朝食

5 7/26
(金)
  ボラカイ

 

終日フリー

(ヘナンプライムビーチリゾート  グランドシービュールーム  泊)

朝食

6 7/27
(土)
  ボラカイ

 

終日フリー

(ヘナンプライムビーチリゾート  グランドシービュールーム  泊)

朝食

7

7/28
(日)
ボート
&混載車
PR2040

PR432
早朝

10:20
10:20
14:40
20:10
朝食後 ご出発
ボート&混載車(約60分のご移動)にて カティクラン空港へ
カティクラン発
マニラ着 現地スタッフの案内で国際線ターミナルへご案内
マニラ発
成田着 到着後解散 お疲れ様でした
朝食


ツアー代金 @¥178,000/お1人様

ご利用航空会社 フィリピン航空(エコノミークラス)  燃油サーチャージ等の全ての諸税含みます

旅費


お客様からのご帰国後に頂いたお便り

便り

こんにちは。昨日無事に帰国しました。前の週は雨ばかりだったようですが、多少の雨はあったものの、シュノーケリングやヨットなどのアクティビティは全て晴れていて、十分に楽しめました。ホテルの部屋も良かったです!有難うございました。もちろんビーチは綺麗でシュノーケリングの時の海も澄んでいて最高でした。

旅行者は大変多くにぎやかでしたが、そんなには気になりませんでした。中国人5割、韓国人3割、フィリピン系の家族1割、その他欧米人などが1割といったところでしょうか。中国人が多いのは分かっていましたが、韓国人が多かったのは驚きました。日本人はほとんど会いませんでした。

とても楽しく過ごせました。有難うございました。

ボラカイ島のホワイトビーチ!

日本マーケットにはマイナーなリゾート:ボラカイ島なのですが、ヨーロッパではホワイトサンドビーチで有名な美しいリゾートとしてかなりの人気がある島なんです。今回のご夫婦のプランもそのビーチが目の前にあるデラックスホテルとしていますし、黄金に焼けるサンセットも素敵ですので、ボラカイ島では「ホワイトビーチ」は外せないですね!

2018年にフィリピン政府の環境政策でボラカイ島はツーリストの受け入れを全面的にストップして、時間をかけて環境にやさいインフラ整備を整えたことから、きっと海の自然も多くが戻ってきていると思います。今後のボラカイ島に期待して良いのではないでしょうか!

お過ごし頂くお部屋にもこだわってみました。ボラカイ島のホワイトビーチエリアは、狭い土地にホテルや商店がひしめき合っているので、その為、内陸の方に(=つまりビーチエリアとは逆方向にという意味です)ホテルが縦長に造られているので、プールビューのお部屋がとても多く、各ホテルともにオーシャンビューのお部屋は実は少なく、且つ慢性的に混んでいます。せっかくビーチリゾートへ訪れるのにプールビューの景観のお部屋では、ボラカイ島に遥々やってきた意味が無いですので、お部屋から海をご覧頂け空室の確認できたホテルでプランを組んでいます。

ボラカイ島にご滞在中、ホワイトビーチを裸足で歩いてみて!永遠とずーット続くフカフカのビーチですのできっと感動されるでしょう!特に朝まだ誰も居ないビーチは気持ち良いですよ~。こんな素敵なビーチは日本では味わえないですからね!復路はトライスクルというフィリピンのローカルタクシーの様な乗り物でホテルまで戻ってくるのも面白いです。

その他 取り扱い方面
アジア